秋の生活は、夏の疲れをとり、冬に備えて体力をつけましょう

いつもありがとうございます。りらく庵の本間です。

朝夕が過ごしやすくなってきました。

このあとやってくる冬に備えて秋の過ごし方は重要です。

ここで体調をしっかり整え、免疫力が低下して不調を起こしやすくなる冬に備えましょう。

特に注意が必要なのが乾燥です。

乾燥の影響を受けやすいのは五臓の「肺」です。

肺は呼吸運動をつかさどり、体の表面に潤いやつやを与える働きをしています。

しかし、乾燥によってこの働きが弱まると、皮膚や鼻、のどの潤いが奪われて、風邪をひきやすくなったり、肌トラブルの原因になったりします。

秋に食べたい食材

れんこんや白ごまなど色の白いもの、ぶどうや梨、柿など旬の果物が秋の乾燥から守ってくれます。

秋に旬を迎えるさんまやさばなどは、良質のタンパク質を含み、胃腸の働きを高める働きがあり体力をつけるのに効果的です。

↓酒田・鶴岡のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
鶴岡情報酒田情報