【漢方茶】夏に食べたい!体をクールダウンさせてくれる食材

いつもありがとうございます。

りらく庵の本間です。

トマトやキュウリ、なすなど夏が旬の野菜には、“体の熱を冷ます働き”があります。

うまく体の中のエネルギーを発散させることも、夏を快適に過ごすコツと言えます。

とくにお勧めなのがキュウリやすいか、メロンなどのウリ科の夏野菜です。

また日本の夏は湿気が多いため、水分も体に溜まりがちですが、夏野菜には熱とともに体内の余分な水分を外に出してくれる働きもあります。

旬の野菜を食べていれば“むくみ”予防にもなります。

暑いときには、冷たいものをとることが多くなりますが、体が冷えすぎると胃腸の働きが悪くなり、食欲不振の原因になったりもします。

冷ややっこなどにはしょうがや長ネギ、青じそ、みょうがなど体を温めるものをプラスして食べるのが良いですね。

トマト

“水”を補って渇きを抑え、胃腸の働きを高める。赤い色素のリコピンは抗酸化作用に優れる。

ピーマン

“気”と“血”の巡りをよくする。疲労回復や美肌効果も。

きゅうり

体を冷やし、利尿作用も高く、夏バテや二日酔いにも効果あり。豊富なカリウムがナトリウムの排泄を促し高血圧予防にも。

なす

体の熱を冷ます作用、利尿作用がある。皮の色素には強い抗酸化作用があり生活習慣病予防にも。

↓酒田・鶴岡のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
鶴岡情報酒田情報