【漢方茶】病気になる前の「未病」にアプローチ

いつもありがとうございます。

りらく庵の本間です。

病気ではなくても、なんとなく体調が悪いということがあります。

その状態を「未病(みびょう)」といいます。

東洋医学的にみると、気血の滞り、五臓六腑の不調和などは、すでに体調の不良が見られます。

でも未病の段階から何かしらのアプローチをすることで、将来なるかもしれない病気を未然に防ぐことができるのです。

未病という考え方の東洋医学は、まさに「予防医学」です。

未病のうちに行う方法の一つに、自然環境との調和をはかりながら、病気にならないよう体質改善をしていく「養生法」があります。

四季の変化に合わせて、食事衣服環境などを整え、適度な食事運動を心掛け、おだやかな精神状態を保つことなどが必要とされます。

 

↓酒田・鶴岡のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
鶴岡情報酒田情報