【漢方茶】漢方にもとづいた食生活…“食養”で不調を改善!

いつもありがとうございます。

りらく庵の本間です。

健康な体を作るなら、食事はそのベースを作る大切な部分です。

「自分が選ぶ食べ物が体を作る」ということを、認識することが第一歩です。

漢方の理論に基づいた食生活=食養で、ちょっとした不調にも負けない体づくりをしましょう。

食養のポイント5つ

1.表示を見て食品の正体を知る

添加物や化合物などの化学物質=自然でないものは極力避けましょう。

2.伝統的な調味料を使う

栄養豊富な発酵食品である味噌をはじめ、醤油などの日本伝統の調味料は、食材の持つ自然な風味を引き出してくれます。

3.体を冷やすと温めるのバランスを取る

一般的に、南国の食べ物は体を冷やし、北国の食べ物は体を温める性質を持っているので、季節にかかわらず、どちらかに偏らないでバランスを取りましょう。

4.砂糖、特に白砂糖の取りすぎに注意

体に水分をとどめる働きがある砂糖は、摂りすぎるとだるさやむくみの原因に。黒糖やメープルシロップなど自然なものがベターです。

5.まずは20回。よく噛んで唾液を出そう

早食いをしがちな人は、まず最初のひと口だけでも20回噛んでみましょう。唾液には美容によいホルモンや酵素が豊富に含まれています。

毎日の食事のお供にいかがですか?

【漢方茶】健脾茶(けんぴちゃ) ~胃痛、胃もたれ、胸やけに~

↓酒田・鶴岡のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
鶴岡情報酒田情報