梅雨に気を付けたい“日頃からの養生”

いつもありがとうございます。

りらく庵の本間です。

季節によって盛んな外邪は変わります。

体の中の気・血・水や五臓の働きも季節によって異なります。

季節ごとに起こりやすい症状に気を付けることが、一年中、健やかに暮らす秘訣です。

【湿邪】梅雨に盛んになる外邪

湿気の塊のようなもので、気・血・水を停滞させ、患部が重だるく痛む。症状が長引きやすい。

【体の変化】

・気の流れが滞る

・脾(胃)の働きが湿邪により低下

【起こりやすい症状】

胸のつかえ 腹部の張り めまい 頭重感 体が重い むくみ 冷え 下痢 排尿異常 おりもの など

【対策と食事】

胃腸の働きを整え、体から湿気を追い払いましょう。

食養生

1. 辛・温性で消化機能を高める:しょうが、しそ

2.湿気を乾かす:ココナッツ

3.利尿作用があるもの:はと麦、小豆、はまぐり

養生とは、毎日の生活に気を付けて、自身の健康を守り長生きを目指すものです。

体の中のちょっとしたバランスのくずれに早めに気付いて、食養生や生活改善により病気を予防すること、それが漢方の大原則です。

ご参考になさってください。

参考文献『漢方の基本講座』成美堂出版

↓酒田・鶴岡のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
鶴岡情報酒田情報