体に合った食養生を…同じ冷え性でも食べ物の選び方が違います

いつもありがとうございます。

りらく庵の本間です。

冷え性の人が、実は生野菜や冷たい飲み物をよく食べていたり…ということがあります。

食養生の基本は体に合った食べ物を積極的に取ると同時に、合わない食べ物を避けることも必要です。

長年の食習慣がその体質を作り、症状の原因になることがあるからです。

また同じ冷え性であっても、そのタイプによって食べ物の選び方は異なります。

【陽虚(ようきょ)タイプ】

体を温める「陽」のエネルギーが不足して起こる冷え性。陽気を補う食べ物で体を温める力をつけることが必要です。

・症状

手足が冷える、寒がり、顔色に赤みが少ない、疲れやすい、便が軟らかい、尿の量が多い

・食べ物の作用

陽気を補う

・適した食べ物

にらやえび、にんにく、羊肉、鶏肉など

【気滞(きたい)タイプ】

気の流れが滞って抹消まで気が届かず、冷えを感じるタイプ。気の流れを良くする食べ物、血(けつ)を補う食べ物を積極的に取って気の流れを整えると、冷え性も改善します。

・症状

手足が冷える、イライラしやすい、のぼせ、頭痛、目の充血、便秘がち

・食べ物の作用

気の流れを良くする、血を補う

・適した食べ物

柑橘類、大根、そば、いか、レバー、人参

出典「よくわかる東洋医学」池田書店

 

 

↓酒田・鶴岡のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
鶴岡情報酒田情報