目の健康のために、瞳にもUV[対策をしましょう

いつもありがとうございます。りらく庵の本間です。

紫外線意識していますか?

日常生活の中で、毎日浴びている紫外線。お肌への影響は、多くの人が気にしています。

でも、眼に及ぼす影響までは気にしていない方のほうが多いのではないでしょうか?

 

肌に悪影響を与える紫外線は、眼にも影響を与えると言われています。

3つの波長に分類される紫外線…目には見えないものだから、知識が必要です。

太陽の光には、目に見える可視光線と、目に見えない紫外線赤外線があります。

紫外線は、その波長の長さによってA波・B波・C波の3つに分類され、地表への届き方などに違いがあります。

紫外線A波:そのほとんどが地表まで届き、シワやたるみなど老化の原因の一つとなる。

紫外線B波:一部が地表まで届き、日焼けの原因となる。(オゾン層破壊による照射量増加が問題になっています。)

紫外線C波:オゾン層などによって吸収され、地表には届かない。

 

紫外線のダメージが蓄積すると、眼病の原因になる可能性もあると言われています。

紫外線の多くは角膜で吸収されますが、波長によっては目の奥にまで達してしまいます。

ダメージが蓄積すると将来的に眼病になったり、目の老化を促進する原因になる可能性があると言われています。

 

対策が必要な時間ですが、季節によってピークとなる時間帯は変化しています。

春から秋にかけては朝9時ごろと、14~15時ごろが紫外線量のピークです。

これは太陽の高度と視線の方向などとの関係から起こるものです。

昼間はもちろんのこと朝や夕方も、帽子サングラスなどでの紫外線対策が大切だと言えます。

目の健康を考えた紫外線対策を心がけましょう!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

↓酒田・鶴岡のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ
鶴岡情報酒田情報